浜松市で歯科医療技術、コンポジットレジン修復のセミナー講習会・レクチャーを行っているダイレクト・レストレーション・センター(DRC)浜松です。

歯科医療現場で役立つ最先端の技術コンポジットレジンによる発想転換により、破折、審美、歯間離開、欠損歯列、歯冠回復を美しく修復します。

DIRECT RESTORATION
ACADEMY OF
COMPOSITE RESIN

DIRECT RESTORATION CENTER -HAMAMATSU-

「 コンポジットレジン修復 」は、齲蝕治療用の修復材料として小規模窩洞に使用された時代から、
1口腔単位での治療計画の中で、積極的かつ歯質保存的な審美修復介入により
その臨床術式をシンプルにするための治療オプションへと発想転換されている。

コンポジットレジン修復を中心に保存修復学を学び直し、MIを再定義。臨床応用における発想転換で「新時代のダイレクトレストレーション」を体感。

LECTURES SEMINARS|コンポジットレジン修復レクチャー・セミナー|浜松市

「コンポジットレジン修復の発想転換」をメインテーマとしたセミナーを様々な学術講演会や学会で展開。


HANDS ON WORKSHOP|コンポジットレジン修復実技講習会

「JTコンセプトマスターコースin浜松」を毎年2回開催。10日間の講義・実習を通して新発想のコンポジットレジン修復を完全攻略。


ONLINE EDUCATION|コンポジットレジン修復オンラインセミナー

「JTコンセプトマスターコースin浜松」での講演内容、実習内容のダイジェストを動画で配信。


STUDY CLUB|アフターフォロー

DRC浜松でのコンポジットレジン修復を活用した自費診療内容を、臨床状況によって5つのカテゴリーに分類して紹介。

コンポジットレジン修復の存在意義

保険診療と自費診療という、日本の歯科臨床システムの枠組みの中で規定するのではなく
1つの治療オプションとして1口腔単位の治療計画の中でどのように有効活用するかを検討する必要がある。

つまり、齲蝕治療の1つのオプションとして窩洞形成した部分欠損への歯冠形態回復のために使用された時代から、
1口腔単位での歯周病治療・歯列矯正治療・欠損補綴治療への歯質保存的な審美修復介入により
その臨床術式が患者にとって低侵襲なプランを設定することが可能となっている。

これはコンポジットレジン修復に使用する接着材の長期耐久性が証明され、また充填材料の長期安定性が実感できる
臨床経過を数多く経験したことにより、術者の発想が大きく転換された結果である。